出産祝いは気持ちが伝わるギフトを選ぼう

出産祝いのお祝いギフトは、自分が出産の際の「おもちゃ」や「絵本」が嬉しかったので、以後は人にもあげています。

出産祝いは気持ちが伝わるギフトを選ぼう

出産祝いのお祝いギフトはおもちゃや絵本をあげています。

私は現在40代ですが、30代のときに子供を産み、さらに友人たちも子供を産んでいたので、出産祝いでお祝いギフトをもらったり、あげたりということを経験しました。子供を生む前も出産祝いをあげる機会は何度かありましたが、自分に子供がいないので、何がいいか分からず、「靴」がいいという話を知り合いから聞いてたので靴をあげていました。

その後、自分に子供が産まれて、お祝いギフトをもらう側になると、殆どの人が服をくれました。そして服はいっぱいになったので、「何かリスエストがある?」と聞いてくれる友人には、「おもちゃ」が欲しいとか「絵本」が欲しいとか、お願いしていました。そして、このような経験をした後に、また友人が出産をすると、自分の経験を生かして、「おもちゃ」をあげることが多くなりました。

出産祝いでおもちゃというのは、結構盲点?だと思います。おもちゃって、新米の親にはあまりピンとこないでしょうが、5ヶ月くらいすると赤ちゃんがいろんな反応するときに、おもちゃを与えるととても喜ぶのですね。そして赤ちゃんが喜ぶ反応を見ることは、親にとってとても新鮮な喜びになります。ですので、すぐにつかえるものではないけれど、おもちゃは実は喜ばれる出産祝いのギフトじゃないかと思っています。また、絵本もおもちゃより使う時期は少し先になりますが、仕掛け絵本なら1歳になる前でも赤ちゃんは反応を示すので喜ばれると思います。何より、こうした知性を育てるグッズというのは、日本人の親は好む傾向があると思うので、よいのではないでしょうか。

お役立ち情報

Copyright (C)2017出産祝いは気持ちが伝わるギフトを選ぼう.All rights reserved.